上尾・K様邸にて障子の張替をおこないました。

IMG_3319

 

実は湿気が安定にしているこの時期、こうのような張替工事に適しているそうですよ。「乾燥する時期がきても、湿気の多い頃となってもこの時期に貼っておくと常に障子紙がピンッ!と張るんですよ。」とベテラン職人長島さん。

IMG_3322

和室が減っている昨今ですが、2間続きの真っ白な雪見障子は壮観です。

IMG_0110

また造り手の職人さんも減っている千本格子、鬼格子。このように暑い季節は障子を外し風通し良く。代わりに網戸のようなものをはめ込み蚊帳のような空間にもできるそうです。

IMG_3331

 

 

建具にはめ込まれたすりガラスの柄も素敵ですね。

IMG_0111

建具・障子・格子…時にはまぶしさを遮ってくれ、ある時は優しい光を透してくれる…また影となるそのシルエットはとても幻想的でなものです。お部屋の温度も調整してくれ日本の風土にとても適してますね。大切にしたい日本人の暮らしの一部です。

zakky